清水助教と東工大の増田真二先生が書かれた総説、「システインのポリスルフィド化による硫化水素・活性イオウ分子種の細胞内認識」が生物物理に掲載されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です