札幌コンベンションセンターで開催された第59回植物生理学会年会およびシンポジウムに参加して参りました。当研究室からは、

清水助教が”硫化水素依存的な光合成の制御因子SrqRはヘム応答性転写因子として機能する”

D3のAndi君が”Cytokinin enhances photosystem assembly in Arabidopsis roots via transcriptional regulation”

のタイトルでポスター発表を行いました。会場も広く、快適な学会でした。共同研究などの話も進み、いろいろな刺激も受けて、稔の多い学会でした。美味しいものもたくさん食べました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です