丸善書店より「キャンベル生物学 第11版」が刊行されました。私も5章の翻訳を担当しました。1600ページにも及ぶ大著ですが、生物学オリンピックの教科書ともなっている定評のある本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です