スペースの移動に伴い、増田・清水研究室は新たな配置になりました。これまで分散していた部屋が16号館の3階に集約することとなり、実験やディスカッションのために行わなければならなかった移動が、随分軽減され、効率的なレイアウトになりました。以下、研究室の配置です。

16号館305A 実験室(嫌気チャンバー、HPLC、フリーザー類)

16号館305B 居室(清水助教、学生)

16号館306 実験室(メイン)

16号館309A 居室(増田教授)

研究室の配置が新しくなりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です